> Welcome!!
※エキサイトブログ以外の
     ブロガーさんへ※
トラックバック大歓迎です!
但しTB送信元記事に
このブログ(積ん読帳)への
リンクが存在しない場合は
TBを受け付けない設定です。
記事にこちらへのリンクを
かいて下さいね♪
 ****************
本館ブログのChubb's Chamber*Reading Room No.2では
展覧会の感想や
LotRファンとしての雑感
などをアップしています。
☆再開いたしました。
カテゴリひとつ増やしました☆

 *****************

『指輪物語』の著者JRRトールキン教授をめぐる旅行記Travel on Tolkien
まもなく完了予定

☆上記の2つのブログは
多忙につき更新休止中☆
 ***************
bloc:希望的観測。
丸面の気になるイベントの
情報を載せております。
古本市・展覧会などなど。
希望的観測アンテナ
丸面が注目しておりますHP
(RSS配信ナシのもの)。
希望的観測RSSリーダー
丸面が注目しております
blog(RSS配信アリ)。
ちゃっかり、リンクしちゃって
おりますので、これからも
どうぞご別懇に。
> 最新のトラックバック
本の街ヘイ・オン・ワイで..
from Chubb's Chambe..
本の街ヘイ・オン・ワイで..
from Chubb's Chambe..
本の町ヘイ・オン・ワイに..
from Chubb's Chambe..
本の町ヘイ・オン・ワイに..
from Chubb's Chambe..
イギリスで一人旅 (旅情..
from Chubb's Chambe..
わたしの心は 北欧に在り
from yumegiwa no life
こどものこころ
from 「咲いた手帖」
『羊の宇宙』(夢枕獏著・..
from 畝源 The ブログ
この数字は何でしょう?
from Web読書手帖
「積ん読帳」の雑誌紹介
from Web読書手帖
> 検索
タグ:大阪 ( 7 ) タグの人気記事
中崎町マップ。
承前:雑誌4冊、買いました。

『男の隠れ家』 '06 12月号 定価680円。
書斎は語る
今年、私の読んだ96冊
「男の書斎」の名作文房具
手製本を愉しむ

「ミニ書斎を自分で造る」、がおもしろかったです。
押入れを書斎にしてしまう・・・にはビックリ。
書斎の記事や書評は、それぞれの特徴を、ふんふん、と読みました。
そして、文房具は・・・ 結構さいきんの傾向を捕らえていますね。
個人的には本館ブログで紹介したばかりの「測量野帳」が紹介されていて
ニンマリ(掲載されているLevel bookと同じ種類のSketch Bookを愛用中)
ちょっと工夫して使っていますので、ご興味のおありの方はご覧下さい♪

『Spoon』`06 12月号 No.39 定価660円
サリー・スコットで行くベルギー、古本村への旅

もうイギリスのHay-on-Wyeに行って2年半に・・・早いなぁ!
* 前・本館ブログのヘイ・オン・ワイに関する記事はTBをご覧下さい。
当時に比べれば、情報はもう少し多くなりましたねぇ。
あの頃はLotRしか目に無かったのですが、今にならもう少し広く・・・
というのは、やっぱり無理かもですが(苦笑)。
『Pen』'06 10/1号のオランダ特集号も買ってあるのですが、
 オランダ行ってみたいな~ 

『Pen』`06/11/15号 No.187 定価500円(税込)
いま世界には、アートが必要だ。
とじ込み付録:日本の美術館へ、行こう。

とじ込み付録は、ちょっと物足りない気も。
モダンなハコの美術館が選ばれているんでしょうか。
特集の記事については、最近、美術展に行けていないので、
「へぇ、こんな作品が」という出会いがあったので、面白かったです。
次もデザインの特集、とメモ。

そしてタイトルにも書きましたが、中崎町マップが嬉しい、この一冊。
『大阪人』`06 12月号 vol.60 定価580円
特集●路地・長屋・人に出会う。50ページ丸ごと中崎町大特集!

梅田からも、天神橋筋商店街からも、歩いていける距離にあるのに
なんとも長閑な街、中崎町。
これまでも熱心な紹介をしてくださっているブログを見て、
 「あ、このカフェ行こう」
なんていうことはあったけれど、旧い街なので路地が入り組んでいて
行き着くのがけっこう難しかったのです(方向音痴なだけ、という話も;)
いや、こんなにちゃんと描いてもらったら・・・と思ったら、
 ありゃ、あのブックカフェはどこかしら??
うーん、自分でカスタマイズするしかないのかしら。
[PR]
by chubb3 | 2006-11-05 01:52 | 雑誌
雑誌4冊、買いました。
後で内容の紹介、できればします。
b0008784_17424238.jpg
上から
『Pen』`06/11/15号 No.187 定価500円(税込)
いま世界には、アートが必要だ。
とじ込み付録:日本の美術館へ、行こう。
『Spoon』`06 12月号 No.39 定価660円
サリー・スコットで行くベルギー、古本村への旅
『大阪人』`06 12月号 vol.60 定価580円
特集●路地・長屋・人に出会う。50ページ丸ごと中崎町大特集!
『男の隠れ家』 `06 12月号 定価680円
書斎は語る
今年、私の読んだ96冊
「男の書斎」の名作文房具
手製本を愉しむ
[PR]
by chubb3 | 2006-11-01 17:42 | 雑誌
さいきん買った雑誌。
次にブログをゆっくり書ける時間もなかなかこないでしょうから、
今日中にアップしていきます。

b0008784_15504087.jpg大阪人』 '06 6月号
特集「文士オダサク読本」

定価:580円

夫婦善哉は法善寺横丁で買えるけれど、
いま改装中なので、
お店で召し上がるなら年末だそうです。

b0008784_15572951.jpg『Coyote』 No.11
特集●グッデイ!スペシャル
Hey, Los Angeles! I'm Yours.
書籍商・松浦弥太郎、 ロサンゼルスに立つ。

定価:1,000円

レッチリの「ダニー・カリフォルニア」の気だるさ。


さいきん後追いばかりで、すみません。
[PR]
by chubb3 | 2006-05-06 16:12 | 雑誌
心斎橋丸善で買った最後の一冊。
b0008784_2354690.jpg大阪の心斎橋丸善が、
106年間あり続けた場所
から、お引越し。
その最終日が日曜日
だったこともあり、
ぶらっと行きました。

前日に朝日新聞夕刊や
電子版で心斎橋店閉店
のことが流れたせいか、
いつもより混んでいる
ように感じました。

と言っても、押し合い
圧し合いではありませんが・・・
やはり紀伊国屋梅田店
は異常な混み方だと。。。



b0008784_032223.jpg最終日の心斎橋
丸善の様子です。
中を撮影の許可を
得ました。


赤い■に「本」の下
が閉店セール告知。

「サヨナラ丸善」の
CDセール
(945円均一)。

洋書30%引セール。

SALEの赤幕が並ぶ
2階への階段
(2階建てでした)。

丸善の喫茶コーナー。

1階を階段から。

写真に撮らなかったところについて・・・
メガネ売り場もありました。
2階の画廊は、閉店セールの大売出し。
印象に残ったのは、さまざまな有名な絵のリトグラフに混じって、
草間彌生の巨大なカボチャのリトグラフが爛々していたこと。
そのとなりのとなりで、村上隆のマウスパッドが額に入っていたこと。
違う場所に、長谷川潔の銅版画がひっそりと、桁違いの値札とともに
置かれていたこと。

丸善のハヤシライス缶が山になっていたこと。

● 迷わず買った最後の一冊・・・>
[PR]
by chubb3 | 2005-08-03 00:41 | 本のお店・館
オーサカ本屋ストラット
大阪ストラット
ウルフルズ 大瀧詠一 伊藤銀次 / 東芝EMI
ISBN : B00005GL98
・・・あれ、どこやったっけ?
あーあれー、この道ブワーッと行って
グワーッと曲がって、でっかいビル、ボワーン立ってるから、
その角シュッと曲がんねん、あー、なるほど・・・
アタマん中をこの歌でガンガンにして、大阪の本屋巡り、いっちょ行っとこか。

☆ この歌詞が「おもろそうやん!」と思った方はコチラでCheck!
  → Yahoo!ミュージック - ウルフルズ - 歌詞「大阪ストラット」


行こ、行こ・・・>
[PR]
by chubb3 | 2004-11-24 18:55 | 本のお店・館
大阪府立国際児童文学館
万博公園敷地内にある大阪府立国際児童文学館
ちょうど太陽の塔の裏側、つまり北東にあります。
大阪モノレールなら「公園東口駅」、阪急バスなら「日本庭園前」が最寄り駅です。
11/20(土)と11/21(日)の2日間、「関西文化の日」で
万博のあちこちの施設が入場無料だったので、
他の施設にも行くついでに行ってきました。
ちなみに、この大阪府立国際児童文学館はいつも無料で利用できます。
b0008784_23395059.jpg
ここのサイトはとても充実しています。
たとえば、「本の海大冒険」なら「あそんでさがす」ことができるんです。
ようちえんじ~小学3年生向けのゲーム検索だと
いろんなところをクリックしてね。かくしボタンもあるよ。
と、ねむいねむいねずみ がゆっくりとした音声で教えてくれて、
音付きでいろいろな部分が動きだします。
本の国がオススメしてくれるのはどんな本・・・?
大人でもゆっくりした動きに、ちょっとどきどきしながら結果を待てますよ♪

また、「子どもの本 いま・むかし デジタル・ミュージアム」では、
作品や作者、時代やジャンルごとに検索できて、その作品の表紙・挿絵、さらに
豆知識や文章まで知ることができて、とてもおもしろいのです。
子どもたちを教育する道徳的な本があると思えば、
本を読む楽しさを教えてくれる本もあったり、
挿絵は原書のものがそのまま使われているものもあれば、
日本の画家さんが新たに親しみ易く描いたものが使われていたりという具合です。

このことは、この児童文学館へ行く前から知っていたのですが、
やっぱり一度入ってみたい!という気持ちがつのっていたところだったので、
本当のところは「ついで」などではなく、真っ先にここへ入っていきました(笑)。

* 大阪府立国際児童文学館 → コチラ!
* 本の海大冒険 → コチラ!
* 子どもの本 いま・むかし デジタル・ミュージアム → コチラ!


入ってみましたよ・・・>
[PR]
by chubb3 | 2004-11-23 23:42 | 本のお店・館
いろいろOPEN!!
1.絵本カフェ「traction」@文椿ビルヂング (10/16(土)OPEN!)

Lmagazine'04.11月号に載っていた、京都の絵本カフェです。
こちらは既にオープンしているのですが、まだ行っていません。
秋の古本まつりのときくらいに行けるといいのですが・・・

* 絵本カフェ traction
住所: 京都市中京区三条烏丸西入ル御倉町79 文椿ビルヂング1F 
Mapionで場所確認
電話:075-865-7907 営業時間:11:30AM~0:00AM 無休

***************************************************
2.直木三十五記念館」 (10/23(土)OPEN!)

こちらはお店には当たりませんが・・・
10/23(土)と10/24(日)の二日間、大阪の空堀通りでは、
第四回からほりまちアート」が開催されています。
そのイベントの一環として、からほり倶楽部「萌」に、
直木三十五記念館プレ・オープンの企画展やトークショーなどが行われたようです。

直木 三十五は大阪城の南に位置する、この空堀地区で生まれ育ちました。
今年はちょうど没後70年にあたります。
賞で名を知られているものの、作品や人となりについてはあまり知られていません。
そこで三十五が通った桃園小学校跡地横に、
直木賞作家の難波 利三氏や藤本 義一氏らが呼びかけ人となって、
この記念館が設立されるようになったそうです。

また、昔ながらの長屋や町屋、お屋敷が立ち並ぶ空堀地区は最近、
街再生プロジェクトがさかんな場所でもあります。
例えば、こちらの「長屋再生複合ショップ-惣so-」や「練ren」のように、
傾きかけ、つぶされそうになっていた長屋が「からほり倶楽部」が買い取って、
雑貨屋さんやアンティーク・ショップ、食べ物屋さんになっています。
そして同じく以前は長屋だった「萌hou」にできたこの記念館、
畳敷きの直木の書斎を再現しているそうです。

* 直木三十五記念館
住所:大阪市中央区谷町六丁目五番地(の後がわかりません・・・)
Mapionで場所確認
開館時間 11:00~17:00 休館日 毎週水曜日
入場料 ¥200

***************************************************
3.インテリアショップ「ANGERS revissant」@ハービスENT
 (11/9(火)OPEN!)


西梅田というと、ヒルトンとザ・リッツ・カールトンがあるということ以外、
ビジネス街というイメージだったのが、10/5(火)ヒルトンウエストに
ルイ・ヴィトンのお店がオープンして、お洒落の街に変わろうとしています。
このヒルトンウエストと空中通路でつながる、ハービスENTには、
ブルガリの国内最大店やティファニー、グッチといったブランド店が11/9オープン。

さて、本好きとして見逃せないのは、
京都河原町の雑貨屋さんのANGERSの新しいお店「ANGERS revissant」。
代官山のUtrecht[ユトレヒト]さんが、このショップの本棚を手がけるということで、
いつか、このユトレヒトに行ってみたい!と思っていた大阪人のわたしには朗報。
この情報も「Lmagazine'04.11月号」に載っていた話です。

* ANGERS revissant
住所:大阪市北区梅田2-2-22 ハービスENT 3F
Mapionで場所確認
営業時間:11:00AM~8:00PM 不定休

ちなみに、河原町三条の・・・>
[PR]
by chubb3 | 2004-10-24 00:30 | 本のお店・館
   

いい本、積ん読?            by 丸面 チカ(まるも ちか) @ chubb3
by chubb3
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
> フォロー中のブログ
見てから読む?映画の原作
書斎のうちそと
キング堂 ブログ支店
一言語学徒のページ
日々。生きる現代文学
ウラゲツ☆ブログ
化物の進化
S*e*x*t*a*n*...
読んだ海外ミステリ
Web読書手帖
ゆーらりやの読み聞かせ日記
『生活小説』生活 
退屈男と本と街
ホンノコト
リング・ロング・ロング
図書館ばなし
読書日誌
愚者のつぶやき
アジ子のアジは鯵ではない
日々是読書
メビウス・ラビリンス
読書中心生活宣言
読書感想文+α
和訳太郎日記
Book cafe
内沼晋太郎「ぼくたちが本...
編集者の毎日
アセンス書店日記
引用の本棚
「本のことども」by聖月
酒の日々、薔薇の日々、本...
街の風景 ~横浜・東京篇~
BookCentre
つれづれ読書日記
Tokyo Book S...
すべてがNになる。
濫読日記
脳内シンポジウム──乳牛...
浮遊植物日記
活字中毒者の小冒険:本の...
森博嗣資料館/すべてがS...
FeZn/Bookmark
◆The Last Fe...
La Dolcé vita
歌・ことば・心を捕らえる...
カエルスマイル
ある編集者の気になるノート
ドラゴベルデで発表会
上々堂(shanshan...
「旅の絵本」を旅しよう
Tuc家のまぬけ
Chubb's Cham...
foggyな読書
切手分室。/北欧・東欧切...
OK!とおる
めカラうりぼうシネマ
こもごもヲごもごもト・・...
オンライン古本屋の日常
悪徳書店員日誌Ⅱ
本の人生 本との人生 末...
奥成達資料室blog版
思いついたオリジナル擬音...
空ヲ洗フ日々 十谷あとり
新・秋嶋書店員日記
浅生ハルミンの『私は猫ス...
mon petit la...
粗製♪濫読
幻戯書房NEWS
エンカウン亭日乗
古書渉猟日誌
bookbar5
猫額洞の日々
weekend books 
早稲田古本村ブログ
『ブックカフェものがたり...
本屋になって生きるには
往来座地下
大貫伸樹の装丁楽会
daily-sumus
> ファン
> ブログジャンル
> 画像一覧