> Welcome!!
※エキサイトブログ以外の
     ブロガーさんへ※
トラックバック大歓迎です!
但しTB送信元記事に
このブログ(積ん読帳)への
リンクが存在しない場合は
TBを受け付けない設定です。
記事にこちらへのリンクを
かいて下さいね♪
 ****************
本館ブログのChubb's Chamber*Reading Room No.2では
展覧会の感想や
LotRファンとしての雑感
などをアップしています。
☆再開いたしました。
カテゴリひとつ増やしました☆

 *****************

『指輪物語』の著者JRRトールキン教授をめぐる旅行記Travel on Tolkien
まもなく完了予定

☆上記の2つのブログは
多忙につき更新休止中☆
 ***************
bloc:希望的観測。
丸面の気になるイベントの
情報を載せております。
古本市・展覧会などなど。
希望的観測アンテナ
丸面が注目しておりますHP
(RSS配信ナシのもの)。
希望的観測RSSリーダー
丸面が注目しております
blog(RSS配信アリ)。
ちゃっかり、リンクしちゃって
おりますので、これからも
どうぞご別懇に。
> 最新のトラックバック
本の街ヘイ・オン・ワイで..
from Chubb's Chambe..
本の街ヘイ・オン・ワイで..
from Chubb's Chambe..
本の町ヘイ・オン・ワイに..
from Chubb's Chambe..
本の町ヘイ・オン・ワイに..
from Chubb's Chambe..
イギリスで一人旅 (旅情..
from Chubb's Chambe..
わたしの心は 北欧に在り
from yumegiwa no life
こどものこころ
from 「咲いた手帖」
『羊の宇宙』(夢枕獏著・..
from 畝源 The ブログ
この数字は何でしょう?
from Web読書手帖
「積ん読帳」の雑誌紹介
from Web読書手帖
> 検索
> くすみ書房 & 古本と珈琲のBook Cafe ソクラテスのカフェ(北海道・琴似)
長らくご無沙汰しておりました。
夏休みに北海道へ旅行した折、立ち寄った本屋さん、そして
行けなくて心残りだった本屋さんについて書いておこうと思い立ちました。
少しお付き合い下さいませ。

一軒目は「くすみ書房」さんです。
● くすみ書房
住所:札幌市西区琴似2条7丁目 メシアニカビル1F
tel:011-611-3819 fax:011-612-0935  
営業時間: 9:00AM~9:00PM 年中無休
☆ 古本と珈琲のBook Cafe ソクラテスのカフェ
住所:同上 メシアニカビル地下1階
tel:011-611-7121
営業時間:11:00~19:00 月曜定休
参考HP:くすみ書房へようこそ


マガジンハウスの雑誌『ダ・カーポ』の'06.7月号(No.588)でも、
最初に6ページにわたり特集されていましたので、ご存知の方も
いらっしゃるかもしれません。

わたしが「くすみ書房」さんを知ったきっかけは、幻戯書房から出ている
『ブックカフェものがたり』でした。
ブックカフェものがたり―本とコーヒーのある店づくり
矢部 智子 今井 京助 / 幻戯書房
ISBN : 4901998153
『ブックカフェものがたり』公式ブログ
この本の北海道の欄に「古本と珈琲のBook Cafe ソクラテスのカフェ」が載っていました。
検索し行き着いた、このカフェを併設する「くすみ書房」さんのユニークさに
徐々にひかれ始めたところで、先ほどの『ダ・カーポ』の特集を発見。

 「これは行かねば!」



さて、小樽を半日観光した後、札幌のホテルに移動する前に、
JR琴似駅で下車。
実は小樽で一本列車を乗り遅れてしまい(約30分に一本)、
琴似に着いたのはカフェの終了時刻19時をわずかに過ぎた頃でした。
あきらめようかな・・・と思ったのですが、おそるおそる電話を
駅から入れてみると、開けて見せて下さるとのこと。
ご好意に感謝して地下鉄の琴似駅を通り越し(そこまで歩いて10分くらい、
「ブ」や北海道でよく見る新古書店の「ブックス21」の誘惑をふりきりつつ)

西区役所や公園を過ぎ、「もしかして見過ごしたかも!?」と不安に思ったとき
やっと看板が見えてきました。
b0008784_11134149.jpg
挨拶すると「あ、先ほどのお電話の・・・」と鍵をとり準備して下さいました。

この「くすみ書房」さんの横の階段を下りてすぐ、喫茶店風の
ソクラテスのカフェがありました。
もう入り口から本棚。
b0008784_1130316.jpg
上の写真は許可をいただいて入り口から奥に向かって撮ったものですが、
わたしの後ろの壁一面に単行本の棚、左側の切れたところにも本棚一つ、
右側のカウンター席の奥にも文庫本の棚。他に児童文学や絵本の棚も。
古本屋さんが値付けした本以外の単行本は定価の1/3、文庫本は
一冊80円と、とても良心的。 しかもラインナップも魅力的。
もちろん、ここで珈琲やお菓子をいただきながら本を読むこともできます。
おもしろいのは、ここで英会話教室や韓国語講座、国語教室や朗読教室、
作家さんを招いての本談義などを活発に行われているということ。
忘れちゃいけないのが、「地域の本屋さん」・・・なんですよ、ここって!

えー、いろいろ迷った末に、以下を購入しました。
・『海猫屋の客』(村松友視・'86.06.01・初版・朝日新聞社)
小樽にあるレトロなレストラン「海猫屋」が舞台の作品。帰りだったので。
・『砂漠でみつけた一冊の絵本』(柳田邦男・'04.10.06・初版・岩波書店)
HPで、この本をもとに「大人の絵本フェア」を行っていると知ったので、
一度ちゃんと読んでみようと思いました。
・『京街道を走る~大浪花諸人往来第4集』(有明夏夫・'81.12.25・初版・角川書店)
シリーズの第一巻『耳なし源蔵召捕記事』は直木賞受賞作。
明治の大阪の雰囲気がほんわかと描かれておもしろかったのですが、
なかなかこのシリーズは京阪神の古本屋さんでも見かけないのに・・・
なんと北海道のここでは4巻目まで揃っていたのです。
全て持って帰るのは無理だと判断し、「猫の災難」にひかれ第4巻に決定。

その後、「お店のほうも見て行きませんか?」「えぇ、もちろん!」
ちゃんとさっき、鍵を準備してくれる間にきょろきょろ見渡していたのです。
「本屋のオヤジのおせっかい『中学生はこれを読め!』」棚(リストゲット♪)
や、「売れない文庫フェア」棚(教養文庫・中公文庫・新潮文庫・河出文庫・
ちくま文庫・ちくま学芸文庫・岩波文庫・講談社学芸文庫)など
ユニークな棚がいっぱい。
味のある表紙をみせてずらっと置いてある様子は壮観です。
この様子はくすみ書房さんのHPでも見られます。
もちろん、ふつうに雑誌コーナーや平積みしてある台もあるのですが、
ちょっと驚いたのは文具コーナー。
Rhodiaやクレールフォンテーヌから、コクヨのごく最近の製品まで
並んでいて、無駄のない品揃え。
「こんなお店が近くにあれば・・・」とちょっと羨ましくなりました。
b0008784_2343243.jpg
上は単行本のカバー。落ち着いたグレーに四角いドット柄です。
下は文庫本のカバー。表紙のところが袋状になっています。
b0008784_2346044.jpg
いつも国内旅行するとそこのライフスタイル・マガジンを探すのですが、
今回も買ってみようと店員さんにお訊きすると、これを持ってきて下さいました。
北海道生活 2006年 07月号 [雑誌]
村元 直人 / アイリー
ISBN : B000FMQRI2
asahi.com北海道('06.05.17):移住者の生活伝える雑誌創刊
北海道人 「北海道生活」/アイリー出版:プレーンな暮らしを提案する 北海道発のライフスタイル雑誌
ちょうど行こうとしていた美瑛とモエレ沼公園が特集されていて、
「これ頂きます♪」
他にも豆本の作り方、着物の愉しみ方から、美味しそうなチーズの特集、
駅にあったポスターみたいな「北海道米を食べよう」や北海道的田舎生活、
そして「秘湯に浸り、女を磨く お独りさま温泉」なぞは、北海道ならでは。
調べてみると、どうやら全国の大きめの書店でも入手できるようですが、
いい北海道のお土産&思い出になりました。

 + 余談 +

地下鉄琴似駅すぐのダイエーに入っているパンやさん「DONGURI」のパン、
おいしいです!そしてユニークなパンも多いです。
例えば、売り上げNo.1の「ちくわパン」。
ソーセージ・ロールパンのソーセージのかわりに、ちくわが入り、
さらにその穴にシーチキン・マヨが詰まっていました(そこまでするの!?)
ほかにも「クリームパンマン」(チョコレートでア●パンマンの顔が・・・もちろん
中身はクリームたっぷり)や明太子フランス(明太子ペーストがびっちり)など。
カフェスペースもあるので食べることもできます。
実はこのパンやさんのこと、この本で知りました。
こげぱん―北海道ぶらり旅日記
たかはし みき / ソニーマガジンズ
ISBN : 478971974X
ソニーマガジンズ・オンラインショップに表紙あり

DONGURI琴似店 Bakery&Cafe
札幌市西区琴似2条4丁目2-2 ダイエー琴似店1F 地下鉄琴似駅直結
tel:011-788-5518 fax:011-788-5648
営業時間:9:00AM~9:00PM 年中無休
● DONGURI
[PR]
by chubb3 | 2006-08-25 11:55 | 本のお店・館

いい本、積ん読?            by 丸面 チカ(まるも ちか) @ chubb3
by chubb3
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
> フォロー中のブログ
見てから読む?映画の原作
書斎のうちそと
キング堂 ブログ支店
一言語学徒のページ
日々。生きる現代文学
ウラゲツ☆ブログ
化物の進化
S*e*x*t*a*n*...
読んだ海外ミステリ
Web読書手帖
ゆーらりやの読み聞かせ日記
『生活小説』生活 
退屈男と本と街
ホンノコト
リング・ロング・ロング
図書館ばなし
読書日誌
愚者のつぶやき
アジ子のアジは鯵ではない
日々是読書
メビウス・ラビリンス
読書中心生活宣言
読書感想文+α
和訳太郎日記
Book cafe
内沼晋太郎「ぼくたちが本...
編集者の毎日
アセンス書店日記
引用の本棚
「本のことども」by聖月
酒の日々、薔薇の日々、本...
街の風景 ~横浜・東京篇~
BookCentre
つれづれ読書日記
Tokyo Book S...
すべてがNになる。
濫読日記
脳内シンポジウム──乳牛...
浮遊植物日記
活字中毒者の小冒険:本の...
森博嗣資料館/すべてがS...
FeZn/Bookmark
◆The Last Fe...
La Dolcé vita
歌・ことば・心を捕らえる...
カエルスマイル
ある編集者の気になるノート
ドラゴベルデで発表会
上々堂(shanshan...
「旅の絵本」を旅しよう
Tuc家のまぬけ
Chubb's Cham...
foggyな読書
切手分室。/北欧・東欧切...
OK!とおる
めカラうりぼうシネマ
こもごもヲごもごもト・・...
オンライン古本屋の日常
悪徳書店員日誌Ⅱ
本の人生 本との人生 末...
奥成達資料室blog版
思いついたオリジナル擬音...
空ヲ洗フ日々 十谷あとり
新・秋嶋書店員日記
浅生ハルミンの『私は猫ス...
mon petit la...
粗製♪濫読
幻戯書房NEWS
エンカウン亭日乗
古書渉猟日誌
bookbar5
猫額洞の日々
weekend books 
早稲田古本村ブログ
『ブックカフェものがたり...
本屋になって生きるには
往来座地下
大貫伸樹の装丁楽会
daily-sumus
> ファン
> ブログジャンル
> 画像一覧